fbpx

OmniPorkとは

最先端テクノロジーが日本上陸

How OmniPork is made

植物性代替肉 | プラントベース・ミート

椎茸

えんどう豆

大豆(非遺伝子組み換え)

代替肉業界のゲームチェンジャーであり、豚肉の代替食品として誕生したオムニポーク。用途多様で、栄養価が高く、環境にも優しい製品です。

OmniPork VS 豚ひき肉

*OmniPork100gにつき、食物繊維が3.2g含まれています。**未調理の豚ひき肉(赤身84%)と比較すると、OmniPorkのカロリーと総脂質含有量はそれぞれ70%と96%低くなっています。
(参照:USDA ARS FoodData Central for Standard Reference)

Kind for All

ホルモン剤 不使用

抗生物質 不使用

遺伝子組み換え 原材料不使用

ヴィーガン

五葷不使用

開発ストーリー

さらに詳しく
産業による環境破壊

現代の畜産業は全ての交通手段の合計値よりも多くのカーボンフットプリント*を記録しています。水の使用や土地利用の観点から見ても、とても非効率的な食料の生産方法です。世界の森林減少と畜産による土地の需要は直接的に関わっており、土壌汚染や水質汚染の主要原因の一つでもあるのです。毎年、中国の豚肉産業によって12.9億トンの廃棄が出されていると推定されています。北アメリカでは、メキシコ湾に”デッドゾーン”が出現。これは豚肉産業から発生する窒素とリン酸の汚染によって生じる「酸素が不足している海域」を指し、海の生物が生息できなくなっています。
*個人の生活や企業の生産活動に伴って発生する温室効果ガスを、二酸化炭素に置き換えた場合の排出量の総量。

食べものはお薬?

強大な被害を地球にもたらす以外にも、WHO傘下の国際がん研究機関(IARC)によると、加工肉や赤身肉は発がん性があると指摘されています。過剰な抗生物質の使用も肉を食べる人の健康に対する危険性があり、抗生物質の使用量の80%以上が畜産業によるものです。

実は、世界中で食べられている肉の40%近くが「豚肉」であること、知っていましたか?

欧米では主なタンパク質源に鶏肉や牛肉を思い浮かべるのが一般的ですが、日本を含むアジアでは豚肉が多く消費されています。2016年の国民一人当たりの豚肉と牛肉の消費割合は、豚肉を韓国は2.4倍、シンガポールは3.8倍、中国、香港、マカオは6.8倍多く消費しており、ベトナムではなんと10.8倍という数値です。日本も牛肉の2.2倍と高い割合を占めています。

最近の調査では、70%近くの人が豚の大半が工場的な畜産現場、閉鎖空間で飼育されていることに対して「間違っている」と回答しています。食肉による環境的、健康的被害によって、畜産業は改革を求められています。変化はすでに北アメリカやヨーロッパで起こっていますが、世界の人口の60%を占めるアジアではまだ見られていない現状です。

全てに優しい食を再考

right{treat} (ライト・トリート) は、人々を正しく、地球を正しく、動物を正しく扱うことのできる食品を創出することをミッションとして設立されました。right{treat} による最初の製品は、革命的なオムニポークであり、これはアジアと世界にとってのゲームチェンジャーとなります。

GREEN MONDAY

オムニポークは Green Monday の傘下である right{treat} (ライト・トリート)によって誕生しました。Green Monday は気候変動、食料不足、健康問題、 動物福祉等の問題解決に取り組む社会企業で、具体的な活動として「週1ベジ」を推奨しています。 オムニポークはそのソリューションとしての役割を担います。世界中で食べられている肉の40%近くが豚肉と言われています。欧米では主なタンパク質源に鶏肉や牛肉を思い浮かべるのが一般的ですが、日本を含むアジア、では豚肉が多く消費されています。これまで多くの牛肉の代替食品が開発されてきましたが、豚肉に関しては今がまさに黎明期。オムニポークは豚肉の代替食品のパイオニアとして新たな市場を切り開いていきます。 Green Mondayは2012年に設立されました。企業、レストラン、教育機関、多様なステイクホルダーと協働することで、効果的にプラントベースなライフスタイルへの意識を高めています。 2019年12月に調査会社が公表した日本国内の調査結果によると、20%近くの人が意識的に動物性の製品の消費を減らすようにしていると回答しています。 Green Monday の影響力は徐々にその範囲を広げ、米国、シンガポール、マカオを含む30カ国以上の学校や政府機関で実施されています。

香港ディズニーランドや香港オーシャンパークなどのパートナーを組み、レストランでのヴィーガンメニューを開始

Green Monday シンガポールに上陸

統合型リゾートのサンズ・リゾーツ・マカオで、14のレストランがヴィーガンメニューのケータリングを開始

Green Mondayの創設者であるデイビッド・ヤンは、世界経済フォーラムの傘下であるシュワブ財団から評価され、”Social Entrepreneur of the Year” を受賞

映画「スタートレック」シリーズの生みの親ジーン・ロッデンベリーが創設したロッデンベリー財団から、国際問題に取り組む功績を認められ “The Roddenbery Prize” を受賞

ラグジュアリー雑誌「タトラー」のT.Dining香港から ”Sustainble Champion 2018-2019” を受賞

Green MondayはCNN、CNBC、Bloomberg、Forbes、ロイター通信、ワシントンポストをはじめとする国際メディアに取り上げられています

を体験する